2016年1月25日月曜日

新春の集い

1月23日、公明党の山口那津男代表は、水戸市で開かれた党茨城県本部(井手義弘代表=県議)の「新春の集い」に石井啓一国土交通大臣(公明党)、長沢ひろあき参院議員(参院選予定候補=比例区)らと共に出席しました。

山口代表は、現在の自公連立政権が発足して3年が過ぎ、デフレ脱却をめざして着実に取り組んできたと強調。今後はこの成果を少子高齢化を乗り切る施策に及ぼし、新しい歩みを進めていくと語った。

その上で、22日に行われた安倍晋三首相の施政方針演説に触れ、「地方創生」や「1億総活躍」などへの決意を述べたほか、5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)や、日中韓の首脳会談など外交の重要性も指摘。「自公政権を安定させて政策を前に進める」とし、夏の参院選勝利へ絶大な支援を呼び掛けた。

石井啓一国土交通大臣は、昨年9月の関東・東北豪雨で甚大な被害が出た教訓を踏まえ、「2020年度までの間に600億円をかけて河川の整備をやり遂げる」と報告。また、訪日外国人旅行者の地方誘致を推進すると力説した。

長沢ひろあき参院議員は「災害対策や、ひとり親家庭への支援強化に取り組む」と訴えた。

会合では、来賓として橋本昌県知事、加倉井豊邦・全国農業者農政運動組織連盟会長らがあいさつした。

山口那津男公明党代表

石井啓一国土交通大臣

長沢ひろあき参院議員(参院選予定候補=比例区)

2016年1月16日土曜日

住民の声をカタチに

山沿いの狭隘で急な坂道、安全に通行できるようにして欲しいと、城里町地元住民の方からご要望を受けていましたが、今年度を目途に拡幅工事が進められています。住民の声をカタチに!今年も一生懸命働きます。


2016年1月12日火曜日

若者の声を政策に

たかさき進県議は、高倉富士男水戸市議とともに、成人の日記念街頭を行い、公明党が推進したナンバーポータビリティー制度や奨学金制度の拡充、さらに、ジョブカフェの設置推進など、若者の声を反映させた実績を報告しました。今後も、若者の声を政策に反映させてまいります。

たかさき進県議

高倉富士男水戸市議

2016年1月11日月曜日

成人式

1月10日、水戸市成人式に出席しました。新成人を迎えられた皆様、おめでとうございます。
茨城県内の新成人は28,884人。前年と比較すると1,560人減少しています。新成人が3万人を割り込むのは昭和59年度調査開始以来初めてのことです。今後とも少子化対策と子育て支援の充実に取り組んでまいります。



2016年1月4日月曜日

新春街頭

1月4日、たかさき進県議は八島いさお県議とともに新春街頭演説を行いました。那珂市内の街頭演説では、地元の木野ひろのぶ那珂市議が1期4年の実績を語るとともに今年の抱負を語りました。また、東海村内の街頭演説では、地元の岡崎さとる、植木しんじの両東海村議とともに公明党の実績や今年の決意を訴えました。多くの方が耳を傾けていただきました。今年も一生懸命働いてまいります。

岡崎さとる東海村議(中央)植木しんじ東海村議(右)

2016年1月1日金曜日

迎春

新年あけましておめでとうございます。
皆様におかれましては、穏やかな新年をお迎えのことと思います。

昨年は県内において、関東・東北豪雨による甚大な被害を被りました。近年では、台風に伴う大雨のみならず、局地的に集中する大雨が多発することで、従来よりも浸水による被害が拡大をしています。私は、これまでの河川、下水道の整備による「流す」対策に加え、雨水を一時的に貯留、地下に浸透させるとした「ためる」対策、さらに、浸水してもその被害を軽減する「備える」ことの減災対策を効果的に組み合わせた総合的な治水対策を推進してまいります。さらに、「声を形にする政治」をモットーに、皆さまが安心して暮らせる街づくり、暮らしが最優先される政治を実現するために、今年も全力で頑張って参ります。