2015年12月26日土曜日

浸水被害の保管米に支援

鬼怒川決壊など大規模水害で、冠水や浸水被害を受けた玄米など収穫後の保管米について、国は補正予算で10㌃当たり7万円を上限に助成することになりました。県内の常総市、下妻市、坂東市の被災農家が対象となります。

たかさき進県議は、台風18号等による県内の農産物被害が32億円に及ぶことを重視し、農林水産委員会で県に対し支援策を求めました。なかでも水稲の災害被害は27億円。また、農業共済制度では、主食用米は田植えから収穫前までが補償対象で、収穫後は補償対象外でした。たかさき進県議は、「収穫した米も農業共済の補償対象にすべき」として支援を求めていました。


農林委員会質疑で支援を求めるたかさき進県議

2015年12月25日金曜日

要望活動

12月24日、茨城県国道6号整備促進協議会の市町村長と共に石井啓一国土交通大臣に「茨城県内区間の国道6号整備促進について」の要望書を提出しました。千葉県内では既に全区間が4車線化されてますが、茨城県内区間の4車線化は約3割に満たない状況です。国交大臣要望には、公明党の長沢ひろあき参議院議員、岡本三成衆議院議員、輿水恵一衆議院議員にも同席頂きました。

2015年12月24日木曜日

7年連続2位

2014年の茨城県の農業産出額は4292億円(前年比1.5%減)で、北海道に次ぐ7年連続全国第2位となりました。茨城の農産物は、米、かんしょ、メロン、梨、常陸秋そば、常陸牛など品質も優れ素晴らしいものが豊富にあります。茨城県の誇れるのは農林水産業と思っております。今後も農業大県の発展に向けて頑張ってまいります。

2015年12月23日水曜日

茨城県地域ブランド

国が地域ブランドとして保護する地理的表示保護制度(GI)に「江戸崎かぼちゃ」が登録されました。「江戸崎かぼちゃ」は、茨城県南部にある稲敷大地の関東ローム層で35年以上栽培され、昭和57年度に茨城県銘柄産地に指定され現在まで続いています。
「江戸崎かぼちゃ」は、堆肥による土作りをし、畑で完熟するのを待って収穫をするので、たっぷりと太陽光を浴びて甘さも栄養価も抜群です。また、企画の均一化を図るため、一元集荷し専門検査員による全品開口検査を実施し未熟品などを抜き取り出荷しています。「江戸崎」はおいしいかぼちゃの代名詞。出荷期間は5月下旬より7月上旬までです。


2015年12月17日木曜日

予算要望

12月15日、たかさき進県議ら茨城県議会公明党は、平成28年度の予算要望書を橋本知事に提出しました。予算要望は、15の大項目、184項目として纏めました。たかさき進県議は、従来から提案している総合的な治水対策を進めることを求めました。

2015年12月13日日曜日

軽減税率

公明党は、軽減税率の導入を公約に掲げ、その実現に向けて一貫して取り組んできました。

2012年、当時野党だった公明党は、民主、自民と両党との社会保障と税の一体改革協議で「消費税率の引き上げに際しては低所得者対策が必要」と強く主張しました。その選択肢の一つとして3党合意の中に軽減税率を盛り込ませました。

自公政権の再出発後、2014年度の与党税制改正大綱に「軽減税率を消費税10%時に導入する」ことを明記しました。さらに2015年度大綱には、消費税率を10%に引き上げる「2017年度からの導入をめざして」と記し、導入時期を着実に固めていきました。

2014年末の衆院選では、自民、公明の与党両党の共通公約にも軽減税率の実現を掲げて戦い、大勝利しました。

公約実現を目指し、自民、公明の与党両党は、軽減税率の制度設計について協議を加速させました。公明党は経理方式に関して、事業者の負担が重くならよう、現行方式をベースにした独自案を発表しました。これが与党協議のたたき台となって具体化されました。

与党協議では、対象品目を「生鮮食品に限定すべき」という意見が出た際は、多くの国民がスーパーの惣菜など加工食品を日常的に利用しており、所得の低い人ほどその傾向が強いと主張し、「対象品目を幅広くすべき」と訴えていました。

昨日、自民、公明の与党両党が、消費税の軽減税率は、「生鮮食品」に「加工食品」を加えた食品全般が対象品目(酒類や外食は対象外)と合意しました。

2014年4月に消費税が8%へと引き上げられた際、個人消費は予想以上に落ち込みました。痛税感によって国民の消費意欲を冷え込ませないためにも、軽減税率は必要であると思います。

今日の公明新聞に、淑徳大学総合福祉学部教授の結城康博氏、中央大学経済学部教授の長谷部聰哲氏の記事をアップいたします。




2015年12月12日土曜日

障がい者週間

12月12日、毎年欠かさず出席しています、ナイスハートふれあいフェスティバルが県民文化センターで開催されました。ナイスハートふれあいフェスティバルは、障がい者週間推進事業として行われています。美術展の作品も大変素晴らしいです!今後も障がい者の支援に頑張ってまいります。





2015年12月6日日曜日

環境保全

12月6日、毎年恒例の水戸市石川川の清掃活動に参加しました。今年で34回目を迎える素晴らし環境保全活動です。清掃活動終了後には、稚魚の放流も行われました。
 
 


2015年12月5日土曜日

一人の声を大切に

昨年、盲学校に通う生徒の親子さんから、交通量の多い赤塚駅南口のカスミ側交差点の安全対策の要望を受けていましたが、ようやく視覚障がい者用信号機(音声式)が設置されました。「ひとりの声を大切に」をモットーに、今後も一生懸命に頑張って参ります。