2015年10月28日水曜日

営農継続に向けた支援策 

 農林水産省は10月27日、9月の関東・東北豪雨などで被災した農家に対する今後の営農継続に向けた支援策を発表しました。
 浸水被害に見舞われた飼料用米の直接支払交付金の柔軟な運用や、収穫後に自宅の軒先で保管していたコメが被害に遭った農家への助成など、公明党が現地調査を踏まえて政府に提案していた内容が盛り込まれました。
 飼料用米の直接支払交付金は、収穫量に応じて10アール当たり5万5000円から10万5000円までの間で決まるが、今回の支援策では飼料用米が浸水して出荷できない場合でも、農家が被災前に稲の生育管理などを営農計画通りに進めていたことが市町村や農協の調査で確認できれば、特例で10アール当たり5万5000円を交付。さらに、加工形態を切り替え、収穫したコメを乾燥させずに生もみを破砕して発酵させた飼料「ソフト・グレイン・サイレージ」(SGS)として活用できると見込まれる場合は、10アール当たり8万円を交付することとなりました。
 一方、収穫後に自宅の軒先で保管していたコメが流されるなどの被害に関して農業共済制度の補償対象外になることを考慮し、来年の営農再開に向けた土づくりや種もみ・肥料・農薬の準備などに要する経費を被災農家に対して助成することを決めました。
 このほか、災害復旧事業の促進や、共済金の早期支払い、災害関連資金の無利子化、農業用ハウスの取得・修繕への助成、被災した畜産農家の経営安定などが盛り込まれました。
 こうした農家への支援は、県議会公明党が全力を挙げて主張した内容であり、山口那津男党代表や石井啓一政調会長(当時、現国交相)などが、直接被災農家を訪れ要望を受けた内容が、実現に向けて動き出しました。

山口那津男代表と県議会公明党の視察

農林水産委員会で被災農家への支援策を求めるたかさき進県議



2015年10月27日火曜日

関東・東北豪雨災害 知事へ2度目の要望

10月27日、たかさき進県議ら公明党茨城県議会は、橋本知事に対し鬼怒川洪水被害被災者支援について、9月11日に引き続き2回目の要望を行いました。
 主な要望として、①半壊に認定された世帯(床上浸水世帯)への財政的支援の拡充②半壊家屋の所得制限の撤廃と県独自の支援制度の創設③収穫済み米の補償制度の検討を国に強く求めること④農業機械、設備、施設に対する再建補助を平成26年度豪雪被害時の支援レベルで行うこと⑤商業や工業などに携わる中小企業者の復興を支援する東日本大震災で実施されたグループ補助金などの創設を国に求めること⑥三坂町の県道不通箇所の仮復旧を今年中に完了させること等、被災者生活再建支援の充実、早期復興、防災・減災体制の整備など16項目の要望をしました。



2015年10月20日火曜日

ひたちなか市議選告示

10月18日、ひたちなか市議会議員選挙が告示されました。たかさき進県議は、公明党公認 佐藤よしもと、雨沢ただし、加藤きょうこの3候補の応援演説にかけつけました。佐藤よしもと、雨沢ただし、加藤きょうこの公明党ひたちなか市議団はこれまで、公立学校施設耐震化の推進、マル福制度の拡充、学童保育の拡充、市役所総合窓口の開設と日曜日の窓口開庁など実績は豊富です。



2015年10月13日火曜日

大洗町議選告示

10月13日、大洗町議会議員選挙に初挑戦の柴田ゆみこ候補(公明党)とともに街頭演説を行いました。柴田ゆみこ候補は、仕事をしながら3人の子育てと義母の介護をやりきりました。これまでの経験を活かし、子育て支援と高齢者施策を充実させていきたいと力強く抱負を語りました。柴田ゆみこ候補素晴らしい方です。投票は18日、最後まで全力でバックアップしていきます!


2015年10月8日木曜日

茨城農業

10月7日、たかさき進県議が所属する農林水産委員会は、つくば市内で大規模にベビーリーフを生産販売をしている(株)TKFを視察しました。新規就農で行った農業が今では120名を雇用するアグリビジネスに成長しました。(株)TKF木村社長は、「一人でも多くの農業者を育成することも大きな役割と思っている」と語っていました。茨城農業は素晴らしいと実感しました。

※ベビーリーフとは野菜の新葉(幼葉)のことで、多くはそのままサラダに用いられます。(株)TKFでは、10種類くらいの、赤、緑の色々な形をした野菜などを10cmくらいで収穫。

2015年10月6日火曜日

分娩再開 県立中央病院

県立中央病院は、産科医不足を理由に2004年から休止していた分娩を今月16日に再会することになりました。県議会公明党ではこれまで、県立唯一の総合病院として安心して子どもを生み育てる環境を率先して整えていくことを議会で訴え、産科の再開を求めてまいりました。

2015年10月2日金曜日

県議会定例会

9月4日に開会しました県議会定例会が昨日閉会しました。定例会最終日は、議員提出議案の「関東・東北豪雨による被害からの早期復旧及び生活再建への支援等を求める意見書」や「教育予算の拡充を求める意見書」など可決しました。今後も、公明党のネットワークをフルに活用して、豪雨被害に見舞われた被災地の復旧・復興へ向けが頑張ってまいります。

2015年10月1日木曜日

豪雨災害現地調査

 9月29日、たかさき進県議ら県議会公明党議員団は、公明党の山口那津男代表、長沢ひろあき参院議員とともに関東・東北豪雨で鬼怒川の堤防が決壊し、甚大な被害を受けた茨城県常総市を訪れ、被災状況を調査するとともに被災者やJA常総ひかり、JA中央会、JA全農いばらきの関係者と懇談し被災状況等伺いました。
 
 避難している住民と懇談では、「家を再建したいが、(がれきがあって)足場がないと入ることもできない。がれきを早く撤去してほしい」との訴え。

 さらに、浸水被害を受けたJA常総ひかりの施設では、草間正詔代表理事らから深刻な農業被害についての要望を受けた。草間代表理事らは、農業共済制度(注)の補償が受けられない収穫後のコメ被害に対する救済措置について要望を伺いました。
 視察後、山口代表は「まだ避難されてる方々がいるので、一日も早く日常の生活が取り戻せるように、さまざまな支援をしていかなければならない」と強調。収穫後のコメなどの救済措置については「補正予算の活用も含めながら、予算措置による支援を考えなければならない」と述べた