2014年2月26日水曜日

県議会開会

茨城県議会の2014年第1回定例会が25日開会し、総額1兆903億9800万円の14年度県一般会計予算案など55議案を提出されました。所信表明で橋本知事は、東日本大震災からの復旧・復興や災害に強い県土づくり、経済の再生の他、「産業大県」「生活大県」づくりの推進を表明しました。

新年度当初予算案の一般会計は、防災体制充実強化や本県のイメージアップ、国際政策、女性の活躍支援、県北地域振興など。橋本知事は「人口減少が急激に進む中、今後も本県が着実に発展していくためには、産業大県づくりと生活大県づくりのバランスを取りながら進めていくことがますます重要となる」と述べた。定例会の会期は3月20日までの24日間。

公明党の井手よしひろ県議の代表質問は3月3日。一般質問は、公明党の八島いさお県議が3月6日に行います。ぜひ、議会傍聴にお越しください。

2014年2月25日火曜日

アグリフード

大阪市内で開催されている「アグリフードEXPO大阪2014」を視察しました。
このイベントは、プロの農業者たちの国産農産物の展示商談会です。北海道から沖縄まで自慢の農産物が集結していました。茨城県は、干し芋の幸田商店、さつまいも生産の鹿吉、エコファ-ム星山が出展していました。


2014年2月24日月曜日

北東北アンテナショップ

大阪市内にある青森・岩手・秋田/北東北アンテナショップを訪問し、秋田県大阪事務所の保坂氏、上田店長から運営方法や販売手法等を聞き取り調査しました。茨城の農林水産物等を関西圏における販路拡大をテーマに今回の調査となりましたが、大変参考になりました。







偕楽園

偕楽園内の「見晴亭」竣工式に出席しました。この「見晴亭」は偕楽園の案内や県内観光地の紹介や特産品の販売などを行う施設です。水戸の梅まつりも現在開催中、多彩なイベントも行っていますので、ぜひ偕楽園にお越しください。







2014年2月20日木曜日

水戸の梅まつり

今年で118回を数える「水戸の梅まつり」が始まりました。偕楽園には約100品種3,000本もの梅が植えられており、様々な品種があるため「早咲き」「中咲き」「遅咲き」と長期間にわたり観梅を楽しむことができます。期間は3月31日まで。


地域の安全安心

信号機と交差点付近の歩道整備の工事状況を視察しました。地元の住吉町、元吉田町内に位置している交差点ですが、車の交通量が多いため、信号機設置の要望が地元から寄せられていました。特別支援学校や福祉施設等が位置する他、水戸四中の通学路にもなっています。もうすぐ運用が開始されます。今後も安全安心な地域づくりのため、一生懸命頑張ってまいります。


2014年2月17日月曜日

地域の安全安心

通学路に速度規制の路面表示がなされました。
地元の住吉町内に位置している1.7キロの直線道路ですが、車の交通量が多く危険な箇所でした。地元町内会の協力もいただき、共に汗をかかせていただきました。安全安心な地域づくりのため一生懸命頑張ってまいります。



2014年2月15日土曜日

地域の安全安心

押しボタン式信号機が運用開始となりました。
地元の吉沢町内に位置している桜通りですが、車の交通量が多いため、歩行者が安全に渡ることが出来ない道路でした。また、吉沢市民センター、医療機関、バス停もあり、周辺住民から「押しボタン式の信号機を求める要望」が寄せられていました。地元町内会の協力もいただき、共に汗をかかせていただきました。安心安全な地域づくりのため一生懸命頑張ってまいります。


2014年2月7日金曜日

茨城県人会新年賀詞交歓会

公明党の山口那津男代表と石井啓一政務調査会長(党茨城県本部代表)は5日、都内で開かれた茨城県人会連合会(海老沢勝二会長)の新年賀詞交歓会に出席した【写真】。
あいさつに立った山口代表は、「宣伝により茨城県のイメージを高めたい」と強調。その上で、「与党として力を合わせて国民の期待に応える」とし、「通常国会では幅広い合意形成に努めて、バランスの取れた政治を行っていく」と述べた。
公明新聞記事より転載

2014年2月3日月曜日

迅速な動きが公明党の持ち味

公明党の山口那津男代表は2日、茨城県つくば市で開かれた党茨城県本部(代表=石井啓一政務調査会長)の「新春の集い」に出席し、政権の最優先課題である経済再生などに関して見解を述べました。

山口代表は、各種指標から経済の本格回復への動きが着実に広がっていると述べる一方、「景気回復の実感が乏しい中小企業や労働者にも回復の実感が持てる効果を及ぼしていきたい」と訴えた。

また、4月からの消費税率8%への引き上げに伴う低所得者対策(簡素な給付措置)について、「手元にスムーズに届くかどうかという心配の声があった」と指摘。先の衆院予算委員会で石井政調会長が政府の対応をただしたとして、「迅速な動きが公明党の持ち味。議論を深め、国民の安心につなげたい」と力説しました。

石井政調会長は「今年は経済再生の正念場だ。消費税率引き上げを円滑に乗り切り、景気回復の実感を広げていきたい」との考えを示しました。

新春の集いには、各界から多数の来賓が参加し、茨城県の榊真一副知事や中川清・土浦市長らがあいさつしました。また、お笑い芸人の赤プルさんも特別出演し、茨城の魅力を語りました。