2013年10月27日日曜日

市民懇談会

10月26日、水戸市内の吉田地区市民懇談会が開催されました。水戸市においては、市民の意見を行政に十分に反映させるために、市民と行政がともに地域の諸問題について考える機会として、昭和59年度から、市民懇談会を開催してきました。本日の吉田地区市民懇談会では、高橋水戸市長、関係部長が出席のもと、「吉田地区における防災・減災等対策」をテーマに開催されました。

地域の方からは、災害用耐震貯水槽の設置や消火栓を活用した初期消火活動、パワーポイントを活用しながら雨水保全対策の提案など、多岐にわたる提案や要望がなされました。高橋水戸市は、地域住民の提案や要望を熱心に聞き入れるとともに、難しい要望に対しても、「やれることは何か」を考えながら丁寧な説明をされていました。また、来賓として出席していた、たかさき進県議にも、都市計画道路の早期整備や河川整備など、県に対する要望もありました。

市民と行政がともに地域の諸問題について考える機会として、有意義な市民懇談会でありました。今後も市・県が一体となって地域の要望に応えてまいります。












0 件のコメント:

コメントを投稿