2013年10月19日土曜日

台風26号による被害を現地調査

茨城県は18日、台風26号による農林水産物等の被害状況を発表。県内の推計被害額は総額8億1850万円。農業関係の被害額は合計5億1920万円。このうち冠水や浸水でイチゴが1億5560万円、ブロッコリー5290万円、ピーマン3670万円などの被害、また、パイプハウスなどの施設被害も8760万円。このほか、土地改良・水利施設で3500万円。海岸保安林の護岸の損壊などで2億1880万円。水産関係の漁船、水産加工場の損傷などで4550万円の被害が生じました。
たかさき進県議は19日、被害を受けた鉾田市を訪れ、入江鉾田市議とともに被害状況の現地調査と被害にあわれた農業関係者から聞き取りを行いました。今後、茨城県に対し修復のための融資や助成制度などを要望してまいります。

大雨による浸水したイチゴ畑
 
大風によりパイプハウスが損壊
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿