2011年11月25日金曜日

城里町表彰記念式典並びに社会福祉大会


11月25日、城里町で表彰記念式典並びに社会福祉大会が開催され、たかさき進県議は来賓として出席しました。この記念式典では、阿久津町長から個人団体約200の表彰が行われました。受賞されました皆様おめでとうございました。

2011年11月21日月曜日

常磐線東京駅乗り入れ促進大会


11月18日、「常磐線東京駅乗り入れ促進大会」が水戸市で開催され、たかさき進県議は来賓として出席しました。茨城県と常磐線沿線19市町村の首長・議長で組織する同同盟会長の橋本知事は「常磐線の東京駅乗り入れは大きな変化。沿線ほか県全体の発展にどうつなげていくかが課題」とし、宇都宮、高崎両線が同じ線路で乗り入れることから「何とか1本でも多く(常磐線の)乗り入れが実現するよう皆さんのご支援をお願いしたい」と挨拶がありました。大会では(1)1本でも多くの常磐線の東京駅乗り入れが実現するようJR東日本に対し強く働き掛ける(2)県内外で広く需要の喚起に努め、常磐線の利用促進にさらに積極的に取り組む-の2項目を柱とする決議を全会一致で採択しました。

2011年11月20日日曜日

ひぬま環境フォーラム


11月17日、クリーンアップひぬまネットワーク(廣瀬会長)が主催する「第11回ひぬま環境フォーラム」に来賓として出席しました。クリーンアップひぬまネットワークの活動は、涸沼の環境について共に考え、涸沼をより理解するきっかけとするとともに、会員やファーラム参加者の交流連携を図り、水質浄化活動の輪を広げています。環境フォーラムでは、涸沼水質浄化ポスターや標語、フォトコンテストの入賞者の表彰が行われ、入賞した小中学生も多数参加していました。

2011年11月18日金曜日

都道府県議会議員研究交流大会



11月15日、都道府県議会議員研究交流大会が、都市センターホテル(東京都)で開催されました。たかさき進県議は、茨城県議会を代表して他3名の議員と参加しました。第一部では、時事通信社解説委員長の加藤清隆氏から「平成宰相論~総理大臣の資格とは何か」と題する講演がありました。第2部は5つの分科会に分かれました。たかさき進県議は、第一分科会「災害と議会活動」に参加しました。第一分科会では、放送大学岩手学習センター所長から「大災害発生時における都道府県議会の役割」についての講演があり、パネリストの佐々木岩手県議会議長、松村新潟県議会議長を交えての大災害時の議会の対応等、意見交換を行いました。

2011年11月16日水曜日

茨城県中央児童相談所を視察


11月14日、たかさき進県議は、県議会保健福祉委員会の県内調査で茨城県中央児童相談所を訪問し、児童相談所の役割と業務内容、相談所における保護事例等について説明聴取を行いました。(写真:児童相談所の役割について質問を行うたかさき進県議)

2011年11月13日日曜日

あすなろ祭


 11月12日、茨城県立あすなろの郷で開催された、「あすなろ祭」に来賓として出席し祝辞をさせていただきました。茨城県立あすなろの郷は、障害者自立支援法・児童福祉法に基づき設置された障害者支援施設及び重症心身障害児施設です。この日は、施設関係者、手をつなぐ育成会の他、多くの学生ボランティアが運営にあたっていました。天気も良く大変素晴らしい支えあいのお祭りでした。

2011年11月12日土曜日

茨城グルメまつり開催




水戸市偕楽園公園内で茨城グルメまつりが開催しました。11月12日の午後、視察に訪れましたが、大変な賑わいでした。明日まで開催中です。常陸牛コロッケ(大森食品)、水戸ちゃあしゅバーガー(古たん)、行方バーガー、水戸納豆ケバフや富士宮やきそば、男鹿しょっつる焼きそば塩川鳥モツ(福島県喜多方市)など、県内外の自慢のグルメが出店してます。

2011年11月7日月曜日

障がい者の職業訓練施設を視察


たかさき進県議は、水戸市内ある茨城県立水戸産業技術専門学院総合実務科を訪れ、知的障がい者を対象として行う職業訓練の状況を視察しました。障がい者の知識技能の習得や就労支援として、この施設の役割はますます重要であります。

2011年11月6日日曜日

「であい・ふれあい・ささえあい」~共に生きる地域の実現を願って 愛パーク祭


 11月5日、水戸市河和田町の水戸市総合福祉作業施設において、第23回愛パーク祭が開催され、たかさき進県議は来賓として出席しました。毎年開催される愛パーク祭、障害の有無を越えて地域の方と交流ができる楽しいひと時でした。誰もが、ありのままに、その人らしく、地域で暮らせる社会の構築に取り組んでまいります。